常滑武豊衛生組合/クリーンセンター常武
TEL:0569-72-0530
FAX:0569-72-0531
〒470-2301
愛知県知多郡武豊町字壱町田27番地

施設の概要

クリーンセンター常武のあらまし(平成28年度用)

1、 施設概要
 1)名 称 組織名 常滑武豊衛生組合(呼称 クリーンセンター常武)

 2)建設年度
     ごみ処理施設
     排ガス高度処理施設
     灰固化処理施設
     粗大ごみ処理施設
     可燃性粗大ごみ切断機
     ストックヤード
   昭和62年6月〜平成2年2月
   平成11年度
   平成11年度
   昭和63年6月〜平成元年3月
   平成 3年9月〜平成4年3月
   平成 6年度 造成(舗装)工事
   平成 7年度 設備(プレス等)工事
   平成 8年度 建物(上屋・休憩棟)工事
   平成11年度 ペットボトル専用

 3)敷地面積  約21,100u  
     ごみ処理施設
     粗大ごみ処理施設
     ストックヤード
     ストックヤード
      約15,490u
      約 3,260u
      約 1,250u
      約 1,100u (ペットボトル専用)

 4)施設能力
  @ ご み 処 理 施 設
  A 粗大ごみ処理施設
  B 可燃性粗大ごみ切断機
   150t/24H(75t/24H×2基)
     25t/5H
     20t/5H

建築構造

施   設

構     造

面   積

ごみ処理施設

鉄筋・鉄骨コンクリート造

  4,825u

灰固化施設

ALC造

   100u

アンモニアボンベ庫

鉄筋コンクリート造

    20u

粗大ごみ処理施設

鉄筋・鉄骨コンクリート造

  1,065u

ストックヤード

鉄骨鋼鈑・鉄骨ALC造

   406u

ペットボトル専用ストックヤード

鉄骨幕張造・軽量鉄骨造

   313u


6)総事業費

   @ごみ処理施設     約35億円

   A粗大ごみ処理施設   約9億1千万円

   B可燃性粗大ごみ切断機 約1億円

   C排ガス高度処理施設  約5億7千万円

   D灰固化施設      約6億2千万円

   Eストックヤード    約1億円

   Fペットボトル専用ストックヤード  約6千万円

               合計    約58億6千万円


7)職員構成 (平成28年度)
 合計41名 (内訳 組合職員4名 臨時職員2名 委託職員35名)

2、 ごみ処理状況

 1)ごみ処理人口等(平成28年4月1日現在)
人 口 世 帯 面 積(Ku)
常 滑 市 58,355 23,431 55.63
武 豊 町 42,993 17,459 25.82
101,348 40,890 81.45

 2)年間ごみ処理量(平成27年度実績)
  @ 年間総処理量
可 燃ご み 粗大(不燃)ごみ 合   計
常 滑 市 18,278t 1,262t 19,540t
武 豊 町 11,269t 740t 12,009t
29,547t 2,002t 31,549t

 A 1人当たりの1日の排出量
可 燃ご み 粗大(不燃)ごみ 合   計
常 滑 市 858g/日/人 59g/日/人 917g/日/人
武 豊 町 718g/日/人 47g/日/人 765g/日/人
799g/日/人 54g/日/人 853g/日/人

3、 ごみ処理経費(25年度予算)
年 間 経 費 当 り 経 費
施設運営費 971,352千円 2,661千円/日
焼却処理経費 816,760千円 28.2千円/t
破砕処理経費 110,734千円 61.5千円/t
リサイクル費 43,858千円 120.2千円/日

4、焼却灰搬出量(平成27年度実績)
  4,149t/年 (2,381m3  可燃ごみの約1/103の容積)
  焼却率 13.42w% 熱しゃく減量 4.5% 含水率 24.2%)
溶 出 試 験 Mg/l(以下) 受入基準値
Mg/l(以下)
溶 出 試 験 Mg/l (以下) 受入基準値
Mg/l (以下)
アルキル
水銀化合物
0.0005
(検出限界値)
検出されないこと 砒素
又は
その化合物
0.01> 0.3
水銀又は
その化合物
0.0005
(検出限界値)
0.005 シアン化合物 0.1> 1
カドミウム
又は
その化合物
0.005 0.09 セレン
又は
その化合物
0.01> 0.3
銀又は
その化合物
0.06 0.3 P C B 0.0005
(検出限界値)
0.003
六価クロム
化合物
0.04 0.5

5、 ごみ質等成分分析(平成27年度実績)
 1) 可燃ごみ (年間12回測定)
  @ ごみ組成         年度平均    Aその他 (年間12回測定)
  紙・布類
  合成樹脂・ゴム類
  木・竹・わら類
  ちゅうかい類(生ごみ)
  不 燃 物 等
   54.9%
   19.6%
   17.0%
   4.7%
   3.8%
発熱量(計算値)
発熱量(実測値年4回)
比 重
水 分
 2,141Kcal
 2,530Kcal
 0.123s/?
 42.0%

 2) 粗大・不燃ごみ破砕処理済組成
  鉄  分
  不燃分
  可燃分
  廃プラ
使用済小型家電
    13.64%(屑鉄として処理委託)
    14.29%(PIへ埋立処分委託)
    54.14%(可燃分+廃プラの68.14%は焼却炉へ)
    14.00%
     3.96%

6、 排ガス測定(平成27年度実績)
排 ガ ス 単  位 平  均(以下) 目標値(以下) 法令等規制値(以下)
ばいじん濃度 g/Nm3 0.001 0.05 0.15
硫黄酸化物濃度 ppm 2.00 80 475
窒素酸化物濃度 ppm 58 150 250
塩化水素濃度 ppm 7.00 100 430
ダイオキシン類 ng−TEQ/Nm3 1号炉0.0034 1 5
2号炉0.021

7、 受付・稼働日数(平成27年度実績)
    計量受付  299日
    施設運転  可燃ごみ 356日  不燃ごみ 253日

8、 リサイクル収集関係(平成27年度実績)
 1) 収集量 (単位 s)
区 分 ガラスビン アルミ缶 スチール缶 ペットボトル
常滑市 286,280 35,810 28,630 107,240
武豊町 291,940 27,200 16,830 57,160
578,220 63,010 45,460 164,400
※ ガラスビンは、生ビンとカレットビンの合計重量

 2) リサイクル量
  @ 生ビンリサイクル (単位 本)
種類
本数
ビールビン 1.8リットルビン
大ビン 茶 色 緑 色 合 計
引 渡 量 3,600 22,059 5,584 27,643

  A カレットビンリサイクル(単位 s)
色 別 青・緑色 無色透明 茶 色 合 計
引 渡 量 83,090 248,790 198,100 529,980
※ 青・緑色は法人ルート、他の3色は独自ルート

  B 空缶リサイクル (単位 s)
種 類 アルミ缶 スチール缶
引 渡 量 41,210 23,410
リサイクル率 65.40% 51.50%
※ 100%に満たない残りは、不適物

  C ペットボトルリサイクル (単位 s)
種 類 法人ルート 独自ルート 合 計
引 渡 量 104,010 9,700 113,710
リサイクル率 69.17%
※ 100%に満たない残りは、不適物

↑ PAGE TOP